敬語が話せないと厳しい職場

音楽スタジオのバイト募集要項には、楽器やバンドの経験者という条件が付いていることが多い。
利用客と異なりスタッフは接客業となるので、敬語を話せない人や横柄な態度の人は採用されにくい傾向にある。
クレーム対応が上手く行かずに長続きしない傾向があり、結果として黒髪の真面目なスタッフが多く残ることもあるのだ。
電話対応から予約管理、レコーディング機材セッティングと片付け、館内清掃、機材故障時の修理手配など専門的な仕事内容を覚えることになる。
高価な機材を扱う場所柄、多岐に渡る業務を行いながら機材チェックも必要なのだ。
利用客の多くは機材を片付けずに帰るので、次の予約時間までに原状回復を行わなければいけない。
ケーブルを巻くときにも八の字巻きを手際よく行う必要があり、正確さと手際の両方が求められてしまうのだ。
常時問い合わせ電話に対応する必要もあるので、複数のことが同時に発生しても慌てずに対処出来る判断力があると良いだろう。
外から見ると華やかな音楽スタジオでのバイトだが、実際には絡みあった機材用ケーブルを全部バラして八の字巻き収納を実施するなど、地味な作業が続くことも多い。
音楽スタジオ利用者の多くは専門用語で話してくるので、常に音楽用語を勉強出来る音楽好きな接客業経験者が適したバイトと言えるだろう。
スタジオごとに使用する機材も異なるので、応募時に知っている機材が多い場所を選べば覚えることを多少減らせます。
どうせなら、自分が扱える機材があったり、好きなアーティストが利用しているスタジオで働くとやる気も出るだろう。
そんな音楽スタジオのアルバイトについて、わかりやすくまとめてあるサイトを発見したのでそちらも参考にすると良いだろう。
詳細はこちら>>>http://studiowork-forbandman.com/arbeit/live-house/<<<

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です