専門知識が身につくバイトとは

音楽スタジオでバイトしているといえば格好良く思えるが、実際にはさほど甘くない。
利用客の多くがアーティストやバンド活動をしている人達であり、個性的な利用客が多いので接客業に慣れている人でなければ対応に困ることもあるのだ。
それでも音楽スタジオでのバイトを続ける人が多いのは、音楽が好きで常に最新の機材に触れていたいという理由が挙げられる。
音楽をこよなく愛するからこそ続けられる職種といえるので、募集要項にも楽器演奏経験とバンド経験が求められることが多い。
もちろん経験が無くても接客業の経験があれば対応できるが、利用客から言われる音楽用語やよくある勘違いにいち早く気づけるかが重要となるので、楽器やバンド経験はクレーム回避に大いに役立つのである。
一見するとクレームに聞こえる内容が、実は機材の調子が悪いから後でメンテナンスを依頼する希望である場合が珍しく無い。
レコーディング機材は繊細なものが多く、僅かな変化に気付くアーティストも珍しく無いのである。
音楽スタジオのバイトには片付けやメンテナンス・修理依頼作業も含まれるので、テストを行った際に気付けばメンテナンス依頼をすぐに掛けられるが、完全に故障する前に気付ける人は絶対音感を持った一部のアーティストに限られるので、助言を貰えると助かるのだ。
個性的なアーティストほど人見知りが多く、依頼なのか要望なのか判断が付きにくいことがあるので、接客業経験は重要となる。
このような経験を積んで行く事で、自分自身も専門知識が身につくので楽しく働けるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です