手際の良さや整理整頓が大切

音楽スタジオでバイトを行う際には、楽器の演奏スキルと合わせて整理整頓技術が必要だ。
レコーディング機材は多くのケーブルが配線されているため、入っている予約に合わせて機材のセッティングが必要となる。
数多くのケーブルを誤りなく配線しておかなければ、クレームとなり自分に跳ね返ってくるので注意が必要だ。
使ったものはちゃんと直し、次の人がすぐに使えるように、整理整頓ができる人でないと務まらないだろう。
また、スタジオ内では動き回るので、動きやすい服装や靴を履くようにするのが鉄則だ。
オシャレ感を意識して、ヒール・サンダルなどで作業すると怪我のもとになるので注意が必要だ。
しかし、ブーツの場合は足が疲れないものなら問題ないだろう。
その場合も先の尖ったブーツはコードに足をひっかけて機材を倒してしまう可能性もあるので尖ったブーツはおすすめできない。
基本的に、足首や足先が曲がりやすいものでないと、つまずいたり転んでしまったりして事故につながる恐れもあるので注意しよう。
また、髪型に関しては、あまり厳しくはないところが多いので、こだわりの髪型のまま働けることが多い。
基本的には接客業なので、ちゃんとした敬語が使えなければいけない。
髪型や格好が派手でも、敬語が使えれば問題ないが、演奏者やお客を不快にさせる言葉使いは直しておくべきだ。
もしちゃんとした敬語が使えないなら、最低限の敬語が使えるように練習しておこう。
音楽好きにはたまらない音楽スタジオのバイトだが、ちゃんと業務ができることが一番の採用条件だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です